古代氏族, 氏族(しぞく)とは

氏族は固有の名称をもち、しばしば特定のトーテムとも結び付いた集団で、父系の場合、子供たちは父親の氏族に所属し、氏族の成員権は、息子からまたその子供たちへと継承されていく。母系の場合、子供は母の氏族に属し、成員権は

古代氏族, 氏族概観

本来なら、『古代氏族系譜集成』(以下、『集成』とする)そのものを改訂増補して刊行したいところであり、内容的には検討・整理をかなり進めてもいるが、労力・費用などを含めて、残念ながら、まだ刊行の段階に至っていない。。そこで、『集成』改訂の準備作業として、整理しようとし

古代日本の氏族の系譜書。30巻と目録1巻。815年(弘仁6)7月に成立。本書の編纂は,799年(延暦18)12月の本系帳の提出命令に端を発し,諸氏族が提出した本系帳にもとづいて万多(まんだ)親王らがまとめあげた。収録氏族の数は

古代の系譜・系図には、神や天皇から始まるものが多くみられます。有力な他の氏族との関係が示されている場合もあります。当時の日本では、天皇家と氏族が、あるいは氏族同士が政治的な同盟を結ぶ際、その関係を血縁になぞらえて

古代の氏族 « 1 2 » 坂本臣、紀角宿禰、根使主、使主とは 1.1K ビュー 56 件のコメント 0 ポイント 最新の tokyoblog 06/15 古代氏族 霧の中の物部氏 1.6K ビュー 51 件のコメント 0 ポイント 最新の tokyoblog 02/21 古代氏族 穂積忍山 818

新撰姓氏録に載る石上氏同祖系氏族は113氏を数え、全体の9.6%を占めるなど、同族が多く存在します。また、広範な地域分布でも知られます。 まさに、古代最大の氏族と呼ばれるのにふさわしいのが、物部氏です。

ヤマト王権成立から朝廷成立(=律令国家体制の確立)に至る古代日本史では、朝鮮半島由来の各氏族間が生き馬の目を抜くような勢力争いを繰り広げていた。葛城氏→物部氏→蘇我氏→中臣氏(藤原氏)は、それぞれ皇族を担ぎ上げて

日本国の始期を見る際に必ず登場するのが古代豪族である。 いったいこの古代豪族とはどのような存在なのか、どう捉えればよいのか、集団単位でもあり、勢力単位でもあり、渡来人集団を表す力学でもある。しかし個々の古代豪族の解説は

古代豪族 古代においては天皇(大王)家も有力豪族の中で最大の勢力を誇る一族にすぎず、他にも有力な氏族は多数存在していました。ヤマトを統一した大王家は、こうした豪族達に氏(うじ)を与えることで、その地位や役職をあきらかにしたの

古代氏族, 『新撰姓氏録』氏族一覧

※『新撰姓氏録』所収の氏族を一覧表にしました。排列は姓氏録のままです。 排列は姓氏録のままです。 カバネのうち氏族数の多い、真人(48)、朝臣(101)、宿祢(98)、忌寸(50)、臣(66)、連(258)、首(93)、造(80)、公(63)、直(42)、史(28)、村主(20)、県主(12)は色分けしました。

古代ローマの氏族の一覧。例えば,カルプルニウス氏族,コルネリウス氏族,センプロニウス氏族,ユリウス氏族などがあります。

神別(しんべつ)とは、古代日本の氏族の分類の1つ。 平安時代初期に書かれた『新撰姓氏録』には、皇別・諸蕃と並んで、天津神・国津神の子孫を「神別」として記している(「天神地祇之冑、謂之神別」)。さらに神別は「天孫

新撰姓氏録に載る石上氏同祖系氏族は113氏を数え、全体の9.6%を占めるなど、同族が多く存在します。また、広範な地域分布でも知られます。 まさに、古代最大の氏族と呼ばれるのにふさわしいのが、物部氏です。

古代氏族の中でも特筆される物部氏の源流となったニギハヤヒの後裔と、その物部氏の基盤作りの過程で濃密な婚姻関係を結んで協力し、古代祭祀の分野で重きを為した三上祝、山背国造などがそれです。神武の皇統をついだ何代もの大王

古代の氏族やさまざまな部のことを調べるには、人名辞典を活用します。『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館、平成2年)には、参考文献も載っています。尼崎市内の氏族や部の分布については、『尼崎地域史事典』が便利です。

日本国の始期を見る際に必ず登場するのが古代豪族である。 いったいこの古代豪族とはどのような存在なのか、どう捉えればよいのか、集団単位でもあり、勢力単位でもあり、渡来人集団を表す力学でもある。しかし個々の古代豪族の解説は

鉱山技術、鍛冶技術、養蚕、機織、酒造などの最先端テクノロジーを倭国に伝播させた氏族だ。 秦河勝は、その際立った技術経営力、人材機動力、財力、国際的知識を駆使し、厩戸皇子のブレーンとして大活躍した。

Powered by  WordPress