縁仏教の言葉, 仏教手帳・仏教名言集

上に向かっては仏の悟りの智慧を求め、下に向かっては生きとし生ける者を教化救済する、大乗仏教の理念を言い表した有名な言葉です。おのれ独りのみのさとりに満足することを否定し、衆生とともにさとりの彼岸に到ることを厳しく求めてい

縁仏教の言葉, 仏教の言葉

仏教では、この不思議さを「縁」ということばであらわしてきた。「縁」は、近代科学や近代哲学のどんな概念にも翻訳不可能な言葉である。しいていうならば、「いのちといのちの出会い」とでもいえばいいのだろうか。

縁自体、仏教の言葉なので、そこからでもいい言葉はたくさんあります。 それは、もう少し待って下さい。 これから、どんどん集めたいと思います。 「紫陽花の好きな言葉」 「念ずれば花

仏教用語の「縁」は、広義には「結果を引き起こす因」、狭義には「因を助成する間接的な原因」のことですが、英語ではどう表現されるのでしょう。本記事では「縁」の意味と使い方を、英語表現も含めてご紹介します。

・180仏教関係の辞典、棚をブラウジング ①『迷いから悟りへの十二章』(田上 太秀/箸、日本放送出版協会、1999.12、180/タマ/)資料番号:121506307 ⇒p.43-p.46衆縁和合のゆえに苦である。「釈尊はこれをものは

「縁起」と「空」である。「縁があってこの街にきました。」「あの人とは縁がなかった。」そんな言い回しで「縁」という言葉を使うかとは思いますが、仏教の「縁」というのは多少ニュアンスが違うように思います。世の中

仏教の世界ではこの「因縁」の考え方に基づいて「縁起」という言葉を用いており、その真理は 「良い行いをすれば良い結果が帰ってきて、悪い行いをすれば悪い結果が帰ってくる」 となり、大切な仏教の教えの一つとなり、この因縁の

「仏前式」は、文字通り仏様の前で執り行う結婚式。あまり馴染みがないという方も多いかもしれませんが、神前式とともに日本で古くから行われている挙式スタイルです。まだまだ少数派ではありますが、芸能人や有名人が仏前式を挙げたこともあります。

「縁起」は仏教語の中で私たちに誤解されている言葉の筆頭です。例えば、朝一番のお茶に茶柱が立ったら縁起がいい。結婚祝は大安の午前中に持っていくと縁起がいい。病院にお見舞いに行くときは、鉢ものの花は根(寝)付いて縁起

縁仏教の言葉, 因縁の意味とは|仏教の教えをわかりやすく。因縁生

因縁の意味とは仏教における「この世のあらゆる存在を形作るもの」です。 現在一般的に使われる、 因縁をつける(言いがかり) 因縁深い(宿命的だ) 因縁の相手(定まった運命を感じる相手) といった言葉の意味は仏教の”因縁”を語源としてい

仏教の教えは言葉が漢字ばかりで難しいように感じます。簡単に仏教の基本の教えや本質がわかるような記事を探していた方、ようこそ!この記事が終着点です 仏教の特集はこちらの目次からどうぞ。

随縁(ずいえん)とは。意味や解説、類語。仏語。縁に従うこと。縁に従って種々の相を生じること。 – goo国語辞書は30万2千件語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。

2017年01月27日(金) ご縁のお話 むすひ ”「縁」とはとても奥深い意味を持つ言葉です”の記事で、仏教用語としての「縁」、「縁起」について記しましたが、神道では、連綿と絆が結ばれて永遠であるものを「縁起」としています。

第四十九回コラム「仏教用語について part7」 第21回葬儀・法要コラム「香典返しとあいさつ状」 [第十回] 小出→釈先生 〜仏教井戸端トーク〜 第四十八回コラム「仏教用語について part6」 第6回お寺の窓口会in名古屋

佐賀県 ・桂雲寺住職 夏秋尚孝 日本語の熟語には仏教由来のものが多くあり、そのひとつに「挨拶」があります。 国語辞典には「人に会った時や別れる時などに取り交わす、礼にかなった動作や言葉」と書かれています。

「因」があり「縁」が生じて「果」につながる、という意味合い。もちろん、これも仏教から派生した言葉です。 何かの力への感謝をこめた「冥加」「冥利」 「冥加」も仏教由来の言葉。「これは冥加なことで」というふうに使われ「大変

『律』「大品」『仏教聖典』山口 益編P.113 04月 世間は虚仮なり。唯仏のみ是れ真なり。 聖 徳 太 子『大日本仏教全書』第112巻P.46 03月 すでにこの道あり。 親鸞『教行信証』<所引『観経疏』>(真宗聖典P.220)

Powered by  WordPress