以上より英語, “以上・以下・超・未満” を英語で表すルール

“以上” の表し方 “10 or more / 10 or above / 10 or over” これらが比較的よく使われる10 “以上” の表現。直訳すると “10あるいはそれを超える” となるので、10も含まれるという事になります。 “discount for ages 60 years or over” 60歳以上

以上より英語, “以上・以下・超・未満” を英語で表すルール

“以上” の表し方 “10 or more / 10 or above / 10 or over” これらが比較的よく使われる10 “以上” の表現。直訳すると “10あるいはそれを超える” となるので、10も含まれるという事になります。 “discount for ages 60 years or over” 60歳以上

英語でよく間違えられるのは、日本語の「以上」にはその基準となる数字を含むのに対し、英語のmore thanは「超える」の意味を持つ点です。英語で直訳すれば、日本語の100個以上というのは「100個もしくは100個を超える場合」という

〇〇は 以上です。 「より大きい」という意味の”greater than”と「同じ」という意味の”equal to”を使って「以上」を表現しています。 「 より大きいか同じ」というニュアンスで、「以上」を英語で表しているんです。

ただし、以上、以下、超、未満は、日本語と英語の両方で混乱があるのでややこしいところです。脚本を書いた人が誤解しているという事もあります。 類例として下記のような訳があります。最近はあまり見かけないようですが、以前はよくあり

レターやメールなどで「以上、そういうことです(これ以上議論は無用、ごちゃごちゃ言うな、というニュアンス)」を意味する表現として「Period.」で〆る表現がありますが、公式なビジネス文書ではまず使いません。使い方によってはあまり

A以上 = more than or equal to A = more than A or A A以下 = less than or equal to A = less than A or A 以上の理解を前提に、ご質問にお答えします。 A以上、B未満 = more than or equal to A and less than B Aより大、B

状態: 解決済み

期待を上回る、予想を超える、思ったより良い、期待以上だ、と言いたい時に使える英語の表現4つ 1) above and beyond 2) better than ~ expected 3) better than ~ thought 4) exceed one’s expectations <例文> That was above and

英語で大きさが「~より大きい」「~より小さい」、量が「~より多い」「~より少ない」。なんとなく比較級を使うことはわかっても、実際にどう言うのでしょうか?また、「~倍多い」「~パーセント大きい」などは?大きさや量を比べる英語表現を、豊富な例文と共に詳しくまとめました。

以上より英語, SpecAid

「以上」「以下」に相当する英語表現では“or”を使います。 「7以上」を表す時は、“seven or more”とします。「7またはそれよりも多い」といった意味になります。 対象の項目に応じて、“more”以外にも“higher” “greater” “better”などが使わ

1か月に16万回以上読まれる英会話・英語学習サイトです。英会話上達に必要な英語表現を多数掲載しています。 たとえば 「課題は下記の通りです」 「詳細は以下の通りです」 「以下の手順で行います」 「ご覧の通り、この点

ただし、以上、以下、超、未満は、日本語と英語の両方で混乱があるのでややこしいところです。脚本を書いた人が誤解しているという事もあります。 類例として下記のような訳があります。最近はあまり見かけないようですが、以前はよくあり

まず、英語には「以上」「以下」と言う明確な単語がありませんので、文章にすることで「以上」「以下」を表現します。 「more than 10」「less than 10」の表現は、厳密には10は含まれません。訳す場合には、「more than 10」は

(1)20以上 → twenty or more(20以上は和集合だから”or”を使う) (2)20を越える → over twenty; more than twenty (3)20以下 → twenty or less(20以下は和集合だから”or”を使う) (4)20未満 → under twenty; less than

状態: オープン

「以上のことから検討するに」というニュアンスでは、 considering the circumstances mentioned above といった表現になるでしょう。 また、「以上の理由で」ということであれば、 for the reasons stated above となります。

状態: 解決済み

「以上」とは「対象となる数字を含み、それよりも多いこと」をさします。 例えば「18歳以上」といえば、18歳を含んだそれ以上の年齢の人たち全員という意味で

「英語の勉強のための1時間」を確保し続けるよりも「日常で英語を使う1時間」の方が継続しやすいですよね。僕らが目指 す のはIELTSの6.5というスコアそのものではなく、6.5以上並みの英語力です。

Powered by  WordPress