半音階クラリネットスケール, 音階の仕組み 全音と半音

音階の根本的なサウンドイメージは、「中心音からの全・半の配列」によって確定します。 「メジャースケール」と「マイナースケール」が、最もよく使われる音階です。 「major=長=明るい」「minor=短=暗い」が音楽理論の共通の命名

半音階クラリネットスケール, 【クラリネットのスケール講座】初心者におすすめの練

スケールは一言で言うと『音階』を指します。1オクターブの範囲内で、その基準となる音から順番に高い音へと並べていったもの となります。 ハ長調、イ短調など、音階にはあらゆる「調」によって種類が存在します。ハ長調の場合、 「ドレミファソラシド」と全音で8個存在 します。

こんにちは!クラリネット奏者の三浦こと美です

Powered by  WordPress