わいた 温泉, 【公式】湯宿 小国のオーベルジュ わいた館

2020年1月 「湯宿 小国のオーベルジュ わいた館」として新しい船出を致しました。商業施設も温泉街もない山間にこんこんと湧く‟わいた温泉郷”「はげの湯温泉」。静寂に包まれるオーベルジュで、コバルトブルーや白濁の温泉をひっそりと

わいた 温泉, わいた温泉郷の温泉・旅行ガイド(2020年版)|ゆこ

わいた温泉郷は熊本県と大分県にまたがる涌蓋山のふもとに湧く6箇所の温泉の総称。至る所で温泉の湯気が立ち昇る温泉地は、まだ観光地化されていないためにのどかで静か。豊かな自然や雄大な山々が望め、エリア内にある温泉施設は

わいた温泉郷は、涌蓋(わいた)山の麓に点在する温泉地の総称。もとは地元の方々が農閑期に湯治のために訪れるだけの、小さな温泉地だったそうです。40年ほど前まで、周辺はほとんど高地栽培の大根畑が広がる農地でしたが、現在

2020年1月 「湯宿 小国のオーベルジュ わいた館」として新しい船出を致しました。商業施設も温泉街もない山間にこんこんと湧く‟わいた温泉郷”「はげの湯温泉」。静寂に包まれるオーベルジュで、コバルトブルーや白濁の温泉をひっそりと

わいた温泉郷 はげの湯・たけの湯・山川温泉 4.5 豊かな自然に囲まれた温泉郷はホタルが見られることでも有名で、中でも山川温泉近くを流れる塩井川は「くまもとホタルの里100選」にも選ばれている。温泉で体の疲れを癒した後でホタル

熊本わいた温泉は、喧騒とは無縁の、自然に抱かれた山あいの静かなロケーションに所在する、素朴な日本の原風景が残された温泉郷。 由布院や黒川からも割と近いので、少し足の伸ばして「秘湯めぐり気分」で、コイン式風呂を体験してみるのも一興ではないで

わいた温泉郷の豊礼の湯を紹介。神秘的なホワイトブルーのにごり湯につかりながら、涌蓋山の絶景が望めます。珍しいホワイトブルーのにごり湯は、ほのかに硫黄の香り。貸し切り風呂は、檜造りや石造りの露天風呂など3タイプ。いずれも

熊本県阿蘇郡小国わいた温泉郷にあるホワイトブルーの湯が自慢の天然自噴温泉・豊礼の湯・豊礼の宿

わいた温泉郷・はげの湯温泉 小国富士「わいた山」に抱かれ、 湯煙が暖かく出迎える 忘れかけていた原風景を思い出させてくれる宿 たけの蔵のご案内 九重連山に連なる、湧蓋山の麓に位置するはげの湯温泉。 その奥にまるでタイム

わいた 温泉, 異変?温泉の湧出ストップ 熊本・わいた温泉郷の旅

わいた温泉郷には11軒の旅館や温泉施設があるが、これまでのところ「豊礼の湯」以外に同様の現象は見られないという。

わいた温泉郷 はげの湯・たけの湯・山川温泉 4.5 豊かな自然に囲まれた温泉郷はホタルが見られることでも有名で、中でも山川温泉近くを流れる塩井川は「くまもとホタルの里100選」にも選ばれている。温泉で体の疲れを癒した後でホタル

【民宿 涌蓋(わいた) 定番の1泊2食付プラン】 和室利用 【食事内容】 夕・朝食ともに『季節の地元食材』を使用した食事になります 【お部屋】 和室利用となります。お部屋に冷蔵庫はついていません。お部屋のお布団の上げ下げはお客様ご自身でお願いいたしま

わいた温泉とは わいた温泉(わいたおんせん)は、山口県下関市豊浦町涌田後地にある温泉。 川棚温泉は関門の奥座敷として栄え、800年以上の歴史を誇るとのことです。無色透明のラジウム泉で、肌に優しく効能が幅広い。自由

涌蓋山の麓にある6つの温泉地からなるわいた温泉は、山々の緑に囲まれた自然豊かな場所にあります。のんびりとした雰囲気が魅力で、阿蘇の秘湯とも呼ばれている、知る人ぞ知る注目の温泉地です。わいた温泉といえば、高温の温泉

時とともに移りゆく“わいた温泉郷”の自然美を眺める 特別な場所にあるからです。小国富士と呼ばれる美しい涌蓋山を眺めながら、 かけ流しの温泉をゆっくりと堪能する至福のひととき 静まりかえる山里の夜は、 空に光輝く星空をお楽しみ

わいた温泉郷について わいた温泉郷は、熊本県阿蘇郡小国町にある温泉の総称です。 わいた温泉郷は、温泉街というよりは、山の中にいくつかの温泉が集合している感じがあります。 わいた温泉郷の中にも様々な温泉があり、 はげの湯

わいた温泉郷山川温泉内の加水加温をしない源泉かけ流しの隠れ宿で、高台に位置し涌蓋山を含む小国の雄大な景色を一望しながら、ひとときの癒しと憩いをお楽しみいただけます。まずは華柚公式ホームページをご覧になり、雰囲気をお

Powered by  WordPress