北緯 36 度 19.9 分東経 139 度 9.9 分, わかりやすい平面直角座標系

平面直角座標系は、「平成14年国土交通省告示第9号」で定義されています。 下の図は、全国19の平面直角座標系をわかりやすく図に示したものです。図中の数字の下にある十字の位置は、各座標系の原点で、クリックするとそれぞれの適用区域の表に移動します。

北緯 36 度 19.9 分東経 139 度 9.9 分, 平面直角座標系の原点及び適用区域

9 北緯=36度0分0秒 東経=139度50分0秒 東京都(第14系、第18系、第19系に規程する区域を除く)、福島県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、群馬県、神祭川県 10 北緯=40度0分0秒 東経=140度50分0秒 青森県、秋田県、山形県 11

東経139度線(とうけい139どせん)は、本初子午線面から東へ139度の角度を成す経線である。 北極点から北極海、アジア、太平洋、オーストラレーシア、インド洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。 東経139度線

0―360 9 常時 北緯 35度19分 東経 139度42分 浦賀水道航路南口 Q0N 9,405MHz 0―360 9 常時 北緯 35度12分 東経 139度46分 神子元島 Q0N 9,405MHz 0―360 17 常時 北緯 34度34分 東経 138度56分 角石 Q0N 9,405MHz 7

(北緯36度41分42秒9,東経137度12分40秒7) 17)石川県庁:緯度36.594584,経度136.62567 (北緯36度35分40秒5,東経136度37分32秒4) 18)福井県庁:緯度36.06522,経度136.221641 (北緯36度3分54秒8,東経136度13分17秒9) 19)山梨

9 北緯=36度0分0秒 東経=139度50分0秒 東京都(第14系、第18系、第19系に規程する区域を除く)、福島県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、群馬県、神祭川県 10 北緯=40度0分0秒 東経=140度50分0秒 青森県、秋田県、山形県 11

(例:北緯 35度39分30.959秒) 《 経度 (Longitude)》 東経(E) 西経(W) 度 分 ‘ . 秒 “(例:東経139度44分43.594秒) 「緯度」の変換結果が表示されます。 「経度」の変換結果が表示されます。 *こちらをご 利用 10進

南緯9度・西経9度は、大西洋上で残念ながら陸地はありません。 ちなみに茅ヶ崎市役所の座標は、北緯35度20分1.896秒(35.33386)・ 東経139度24分16.978秒(139.404716)です。 近年のインターネットの地図検索機能はどんどん詳しく

日本のラウンドアバウトは、日本におけるラウンドアバウト(環状交差点)の状況と一覧である。 概要 2013年(平成25年)6月14日法律第43号改正道路交通法により「環状の交差点における右回り通行」(標識327の10)として現代的ラウンドアバウトが定義され [1] 、国土交通省も整備する際の適用

概要

北緯 36 度 19.9 分東経 139 度 9.9 分, 数値地図5000(土地利用)

首都圏における座標系:第9系(第9系の原点は、北緯36度0分0.0000秒、東経139度50分0.0000秒) 近畿圏における座標系:第6系(第6系の原点は、北緯36度0分0.0000秒、東経136度00分0.0000秒)

通過する地域一覧 東経139度線は、北極点から南極点まで南に向かって以下の場所を通っている。 地理座標 国土・領土・領海 備考 北緯90度0分 東経139度0分 / 北緯90.000度 東経139.000度 / ( 北極海 北緯76度12分 東経139度0分 / 北緯76.200度 東経139.000度 /

9 北緯=36度0分0秒 東経=139度50分0秒 東京都(第14系、第18系、第19系に規程する区域を除く)、福島県、栃木県、茨城県、埼玉県、千葉県、群馬県、神祭川県 10 北緯=40度0分0秒 東経=140度50分0秒 青森県、秋田県、山形県 11

経度は本初子午線を 0度とし、東西それぞれ 180度に分け、東を東経、西を西経として数える 日本は本初子午線より東 180゜以内にありますから、東経 度 分と表すのが常で、東京は、おおよそ「東経 139度 46分」(「東経 139゜46.00’」)で、 航海計画での表記法は、「139゜ -46.00’E 」 となります。

北緯: 36 度 6.3 分 東経: 139 度 11.0 分 標高: 128 m 今日の観測データ 最低・最高気温 時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間

北緯35度0分 東経8度19分 / 北緯35.000度 東経8.317度 / チュニジア 北緯35度0分 東経10度58分 / 北緯35.000度 東経10.967度 / 地中海 北緯35度0分 東経24度45分 / 北緯35.000度 東経24.750度 / ()

日本のラウンドアバウトは、日本におけるラウンドアバウト(環状交差点)の状況と一覧である。 概要 2013年(平成25年)6月14日法律第43号改正道路交通法により「環状の交差点における右回り通行」(標識327の10)として現代的ラウンドアバウトが定義され [1] 、国土交通省も整備する際の適用

概要

2006年4月9日 北緯25度28分 東経141度36分 2006年4月8日 北緯22度12分 東経139度01分 2006年4月7日 北緯20度32分 東経135度58分 2006年4月6日 北緯17度55分 東経140度16分 2006年4月5日 北緯14度29分 東経145度32分

Powered by  WordPress