ぼっかけうどんとは, ぼっかけうどん

ぼっかけうどん(Bokkake udon)は、 牛スジ肉とコンニャクを醤油、 みりん 、砂糖などで甘辛く炊いた「ぼっかけ」をのせたうどん。 主に兵庫県神戸市を中心に食べられているうどんで、特に長田周辺の名物として知られる。

ぼっかけうどんとは, すじこん

ぼっかけは「ぶっかける」が訛ったもので、従来は神戸でも「すじこん」あるいは単に「すじ」と呼ぶことが一般的であり、「うどんやそばなど『汁物』に牛すじが載った場合のみ『ぼっかけ』と呼ぶ店が多かった」 [2] とされる。

「ぼっかけ」は、牛スジとこんにゃくを醤油ベースで甘辛く、 やわらか~く煮込んだ神戸市長田区のソウルフードです。 うどんにかけたり、焼きそばの具にしたりいろいろやってるので食べに来てね。

「ぼっかけ」とはぶっかけのことで牛すじとコンニャクを甘辛く煮たもの。うどん、カレー、ラーメンなどにトッピングしたり神戸長田地区で昔から親しまれてきた味です。もちろんそのまま酒の肴にも・・ メーカー名 MCC 商品番号

乗る人いるのか。 長田名物、ぼっかけうどん 長田地区にはたくさんの商店街があります。 せっかく来たのであちこち覗くと、どのお店も庶民的。そこで、立ち食い蕎麦屋で、「長田名物」と書かれていた、牛スジの煮込みが乗った「ぼっかけうどん」を食べました。

「ぼっかけとは、牛すじを“ぶっかける”という意味がなまったもの」と同店主の沢田博さん(67)。「当時は、うどんやそばなど『汁物』に

神戸が誇るB級グルメ「そばめし」は今や全国区となりましたが、そのそばめしに欠かせない具といえば、牛すじ肉とこんにゃくを甘辛く炊いた「ぼっかけ」です。このぼっかけ、その用途はそばめしに留まらず、そのままでもアテに最適、さらにはどんな炭水化物とも相性抜群という万能ぶり。

厳選された牛すじをじっくり煮込んだぼっかけがたっぷりの「ぼっかけうどん」。厳選されたものを使っているので、その肉の旨みは抜群で、牛すじとは思えないやわらかさを誇ります。そして、甘辛いぼっかけと、ものすごく美味しいおつゆの

そもそもうどんに肉を入れる事自体が、 僕的にはあまり好きじゃなかったんですけどね。今では大好きになってます。まあこれはぼっかけですが、 これが乗ると乗らないではちょっと違うんですよね。あー。これだよこれ。関西のうどんって感じだ

ぼっかけうどんとは, 神戸長田牛すじぼっかけ80g MCC 牛すじ 牛肉の調理食

「ぼっかけ」とはぶっかけのことで牛すじとコンニャクを甘辛く煮たもの。うどん、カレー、ラーメンなどにトッピングしたり神戸長田地区で昔から親しまれてきた味です。もちろんそのまま酒の肴にも・・ メーカー名 MCC 商品番号

ぼっかけとは神戸長田発祥の牛すじ肉を煮込んだ料理。うどんやカレーに使われることが多いのだとか。決まった調理法は無く、お店ごとの味。こちらでは国産牛の牛すじを神戸の老舗うどん店のレシピで仕込んだそうです。

みなさんは神戸長田(ながた)の名物料理 「ぼっかけ」 をご存知ですか? 牛すじとコンニャクを甘辛く煮こんだ下町料理 のことです。 地元民にはもちろん馴染みの料理で、私もよく長田で”ぼっかけうどん”を食べるのですが

ぼっかけ汁は、福井県で食べられる具材たっぷりの汁物。アツアツのご飯に文字通り「ぼっかけ(ぶっかけ)」ていただく郷土料理です。福井県内でも地域によって具材や食べ方にアレンジが加わり、さまざまなバリエーションがあります。

雨上がりのフォトぶらで、神戸長田名物のぼっかけうどんの名店いなばが紹介!約30年の名店の味を因幡夫婦が引き継ぎ10年!ここ特長は、細めでコシを抑えているうどん、甘辛さとプリプリ食感の牛すじ煮込み、そのぼっかけの旨みを際立たせるダシ

神戸が誇るB級グルメ「そばめし」は今や全国区となりましたが、そのそばめしに欠かせない具といえば、牛すじ肉とこんにゃくを甘辛く炊いた「ぼっかけ」です。このぼっかけ、その用途はそばめしに留まらず、そのままでもアテに最適、さらにはどんな炭水化物とも相性抜群という万能ぶり。

そもそもうどんに肉を入れる事自体が、 僕的にはあまり好きじゃなかったんですけどね。今では大好きになってます。まあこれはぼっかけですが、 これが乗ると乗らないではちょっと違うんですよね。あー。これだよこれ。関西のうどんって感じだ

みなさんの町にも必ずあるでしょう! 地元民が愛する地元メシ。 今回ピックアップした大野城市にもありますよ、その名も“大野城 鶏ぼっかけ”です。 大野城市のソウルフード“鶏ぼっかけ”とは 鶏肉がまだ貴重だった時代、大野城

Powered by  WordPress